誰にでもフィットする横寝枕がおすすめ | 肩こり腰痛に効果的

このエントリーをはてなブックマークに追加   

肩こり・腰痛も治る!快適な安眠まくらYOKONE使ってます!

 

 

私は子供の夜泣きをきっかけに、不眠症になりました。ひたすら夜中に息子をあやす日々・・。「もう・・ママが泣きたいよ・・」と思うわけです。

 

こういった夜中に起きてはまた寝る生活を繰り返す生活で不眠に。不眠から脱出するのも一苦労でした。

 

今はなんとか不眠を脱出してはいるのですが、それでも朝起きると身体がダルかったり、肩こりや腰痛が残り疲れが取れていないと感じる事も

 

不眠から睡眠の質が明らかに下がっていました

 

しかし、こういった症状をやわらげる快眠グッズが存在することを知ります。それは、横寝で寝るための専用まくら「YOKONE」。

 

この横寝専用のまくらは、一般的な仰向け用に作られた枕と違い、東洋医学の観点から導き出された理想のまくらなんですね。

 

YOKONEを使うことで、起床時の慢性的な疲労感が消えていく感動を覚えたほど効果を実感しました。そんなYOKONEの特徴を、ご紹介してみたいと思います。

 

「従来の仰向けまくら」が休息を妨げている理由

 

 

私は不眠になってからというもの、睡眠には人一倍うるさくなりました。快眠のために、使いやすいまくらも選びに選んでいます。

 

ただ、「仰向けで寝る」ことが前提にあったので、一般のまくらでは身体への負担が残りやすかったのです。

 

なぜ仰向けのまくらが身体に負担なのかというと、画像のように体の重心が曲がってしまうことにあるんですね。

 

頭から腰にかけて、不必要なカーブができてしまいます。これだと、寝ている間ずっと骨を曲げている状態ですよね。

 

そのため肩や腰に負担が出てしまい、私が訴えていた肩こりや腰痛が起こっていたのです。これについては、同じような思いをされている方が多いのではないかと思います。

 

ただでさえ、不眠傾向でしっかり休息が取れないのに、まくらで消耗していたという・・皮肉な話です。YOKONEが一般のまくらとどのように違うのか。

 

それは、作りに3つの秘密がありました。

 

特許取得済みの頭・首・肩・腕の4点を平坦に支える

 

 

さきほど、「一般的なまくらは重心が曲がる」と説明させて頂きましたが、YOKONEであれば、重心が平坦に維持される特徴があります

 

  • 「頭」の重心を効率分散させる素材を使用している
  • 「手や腕」を支える形状をまくらに用意している
  • 「首」を支えるフチが作られている
  • 「肩」が収まるくぼみで肩こりを防いでいる

 

これらの4つが、YOKONEに全て備わっているため、就寝中の身体を平坦にしてくれるわけです。特許も取られており、「仰向け寝が正しい」という常識を覆しています

 

私は、「仰向けこそ正しい寝方」と信じていたので、早く気づきたかったですね・・。そこそこ良いまくら買っちゃってるし・・。

 

でも、仰向けで寝ていた方がいきなり「横寝が良いよ!」と言われても納得できないですよね?

 

これについては、東洋医学の観点から考えると理にかなっている事が分かってきます。

 

東洋医学では横向きが推奨されている

 

 

今の日本は、西洋医学を中心とした知識で医療が語られています。しかし、西洋医学が絶対に正しいかと言われると微妙なんですよね。

 

私自身、不眠に陥った際には病院にも行きましたが、睡眠剤を渡されて終わり・・なんてことも。

 

対処療法として、その場をしのぐなら西洋医学も良いと思いますが・・。根本的に症状を見直すアプローチが西洋医学にはないんですね。そこで、近年は東洋医学が注目されているのです。

 

東洋医学は、なるべく自然療法としてアプローチをかけており、YOKONEの公式サイトでは東洋医学が推奨する睡眠姿勢も掲載されています。

 

もちろん人それぞれ、好みの寝方があるため一概に横向きが良いとは私も思いません。ただ、私も含めて横向き専用のまくらに変えたことで体が楽になった声が多いのも事実なんですよね。

 

リラックスウレタン素材で誰にでもフィットする

 

 

特に、私が気に入っているのは「リラックスウレタン素材」で作られている点ですね。まくらは人によって購入する際に自分に合っているのか不安になりますよね

 

しかし、YOKONEに使われているリラックスウレタン素材は、これらの悩みをクリアしているのも強みなんです。個々の頭にフィットするように設計されているんですよね。気持ちいが良いですよ。

 

私が使えば私の頭にフィットするのですが、夫に使わせると「俺も気持ちよく使えるよ」というんですね。(ちなみに私は低いまくらが好き、夫は高いまくらが好き)

 

低反発まくらが話題になったこともありますが、ただ低反発を選べばいいという問題ではないことが、このリラックスウレタン素材を使うことで感じられました。

 

これは誰にの頭にも、自在に形を変えフィットしていくことを示しています。横寝が嫌いな方には意味が無いかもしれませんが、横寝で寝たい方にとっては「試さずとも合うまくら」として安心して買えるという事です。

 

 

今までは仰向けで寝ていたけれど、本当は横向けで寝た方が自分にはあっていると思うんだけどな・・」とお感じになられながら、モヤモヤしていた方は、まくらのチェックから始めてみてはいかがでしょうか。

 

YOKONE公式サイトには詳しい解説も載っていますので、ご一読されることをオススメ致します。

はじめに わたしの不眠体験(涙) おすすめ睡眠サプリまとめ 不眠ママの愛用まくら 不眠ママの光目覚まし